タグ:中部

自動車産業が盛んな愛知でドライブしよう! 

2018/05/16 くらし

自動車保有台数約414万台で全国1位の自動車王国・愛知に行くなら、ドライブでののんびり観光がおすすめです。愛知ではドライブで楽しめるスポットも多数あり、訪れる度にコースを変えてドライブすると、毎回違う表情の愛知を楽しむことができます。愛知のさまざまな景色を堪能できる、大人数の旅にもうれしいドライブコースを3つ紹介します。「知多半島」の感動スポットを巡る1泊コース美浜町にある知多半島周辺には、...

もっと読む »

おいしいワインで長野を元気に。ワインがけん引する地方創生とは

2018/05/11 経済

果物の産地として全国的に有名な長野。ワインの産地としても知られており、ワイナリーを巡るツアーは観光客の人気を集めています。県ではそんなワイン産業を地方創生にいかそうと、さまざまな取り組みを行っています。地方創生への取り組みとしてワインを選んだ長野地方創生が叫ばれている昨今、長野が地域活性化のために着目したのがワイン産業でした。長野の気候と土壌はワインづくりに向いているとされ、これまで数々の上...

もっと読む »

名古屋の鉄板B級グルメが進化した!新三大グルメを食べつくそう

2018/05/02 グルメ

名古屋のグルメと聞いて、まず思い浮かべるのは「ごはんもスイーツも独特」というイメージでしょう。これまで話題となった「名古屋メシ」には、あんかけスパゲッティ、台湾まぜそば、「喫茶マウンテン」のスイーツスパなどがありますが、今、注目を浴びているのは定番名古屋グルメの進化系メニューです。普通じゃちょっと物足りない名古屋人を満足させる、今話題の名古屋新三大グルメを紹介します。アツアツ!鉄板小倉トース...

もっと読む »

「愛知は派手婚」って本当?結婚にまつわるアレコレ

2018/05/01 くらし

「嫁をもらうのであれば名古屋から」「名古屋で3人の娘がいる家庭は家が傾く」などの言葉があるほど、結婚=派手だと思われている愛知。現代の実情はどうなのか、結婚に関するさまざまな観点から他の地域と比較しながら見ていきましょう。イメージと違う?愛知の結婚式と結納愛知の披露宴には、会場の豪華絢爛な装飾をはじめ、招待する人数が多めでお色直しを2~3回行うなどの特徴が見られます。ゆえに盛大かつ豪華な印象...

もっと読む »

満天の星空でスキー場再興「長野県阿智村」に人が集まる理由とは

2018/03/16 経済

長野は国内で最もスキー場が多い地域です。しかし国内のスキー人口は1998年の1,800万人をピークに減少を続け、2013年には770万人にまで落ち込んでいます。これを受け、全国のスキー場では冬季間だけではなく、シーズンオフでも利用できるよう、「サマーゲレンデ」などで活用の幅を広げています。しかし、阿智村が始めたのはありきたりなレジャーではなく、ここでしかできない新しいサービスでした。2009...

もっと読む »

世界に誇る匠の技!おみやげにもぴったりな、岐阜の特産品

2018/03/15 くらし

本州のほぼ中央に位置し、飛騨高山や下呂温泉、鵜飼などで全国的に知られる岐阜。日本文化が根付いた土地柄から、観光地としても日本内外から多くの関心を集めています。今回はそんな岐阜が誇る、海外からも評価が高い逸品を紹介します。良質な土と優れた技術から発展を続ける美濃焼古墳時代より土器に使用されるほど良質な土が採れていた岐阜。ここの焼き物として有名なのが美濃焼です。美濃焼は多治見・土岐・瑞浪といった...

もっと読む »

定番から新ブランドまで!長野グルメ総ざらい

2018/03/09 グルメ

つるつるっと味わえるそばやボリュームたっぷりの丼ものなど、長野には知名度の高い料理から新しく誕生した名物まで、さまざまなご当地グルメが存在します。今回は、その中から代表して5つの名物をピックアップし、その歴史と一緒にご紹介します。 地域性の高いおやつと神聖な献上品信州グルメの代表的な存在といえるのが、具材を小麦粉の皮に包んで作る郷土料理・おやきではないでしょうか。長野県民には食事というよりも、...

もっと読む »

もっと岐阜を好きになる。「みんなの図書館 おとなの夜学」とは

2018/03/08 くらし

プロフェッショナルによる講演やディスカッションから岐阜を学ぶ「みんなの図書館 おとなの夜学」。地元に古くから伝わる文化や歴史にまつわる講座だけではなく、さまざまなテーマを取り上げて対談やディスカッションを行っています。各回50名前後の定員ながら、多くの回で参加率9割以上だそう。満員になる講座も少なくありません。今回は、岐阜在住者の関心を集めるおとなの夜学について掘り下げます。みんなの図書館 おと...

もっと読む »

信州ブランドで全国発信!「しあわせ♡信州」大作戦

2018/03/07 経済

「長野県」と聞くと、りんごや信州そば、日本アルプスやスキー場などグルメや観光のイメージが強いかもしれません。しかしその裏で電子部品や精密機械、ギターをはじめ工業製品の出荷額が全国トップクラスであることはあまり知られていません。諏訪地方ではかつて高級腕時計の一大産地として「東洋のスイス」と呼ばれていたこともありました。豊かな自然が育む水ときれいな空気が工業生産に適した長野を「しあわせ?信州」と...

もっと読む »

ここの社員は日本一幸せ!?岐阜「未来工業」の精神とは

2018/03/06 経済

働き方改革を掲げながら、本当の意味で働き方を変えられる企業は国内に一体どれだけ存在しているのでしょうか。2017年、厚生労働省が企業向けに行ったセミナー「働き方改革の背景と取組の実際」の参考資料によると、国内企業では年間所定外労働時間は平均132時間、年次有給休暇取得率は約48%となっています。いまだに多くの企業で残業が強いられ、有給休暇も気軽に取得できないのが当たり前。そんな現代の労働事情...

もっと読む »

信濃の高校生による文化継承「2018信州総文祭」

2018/03/05 くらし

各都道府県代表の高校生が芸術・文化の分野でさまざまな発表を行う「全国高等学校総合文化祭」(全国高総文祭)は1977年に始まりました。2018年で42回目を迎えます。高校運動部の全国大会・インターハイに対して「文化部のインターハイ」とも称されるこのイベントは、毎年、高校の夏休み期間中の8月に開催されています。開催場所は各都道府県での持ち回りですが、2018年は8月7日~11日に信州・長野で行わ...

もっと読む »

岐阜の仮想通貨「さるぼぼコイン」浸透率が上昇中!

2018/01/24 経済

飛騨信用組合と株式会社アイリッジが、ブロックチェーン技術を用いた電子地域通貨「さるぼぼコイン」を2017年12月より運用開始しました。飛騨信用組合は、これまでにも地域に特化したクラウドファンディングを行うなど、その先進的な取り組みが注目を集めていましたが、さらに一歩踏み込んだ地域限定サービスの展開に踏み切ったのです。現在高山市、飛騨市、白川村の3地区のみで利用できる電子地域通貨さるぼぼコイン...

もっと読む »

お菓子からアイドルまで!メガネだらけの街・福井県鯖江市

2018/01/17 経済

福井県鯖江市は、100年以上も前からメガネフレームを生産し続けている「メガネの街」です。世界三大メガネ生産地の1つにも数えられ、国内外問わず選ばれる眼鏡ブランドとなった鯖江市のメガネは、国内で96%、世界でも20%ものシェアを誇ります。その始まりは1905年。農業の収入がない冬の副業として、現福井県生野市の農家がメガネフレームの生産を始めたことが発端です。第二次世界大戦前にはすでに町全体で分...

もっと読む »

披露宴の乾杯に助成金!?地酒のふるさと福井市の取り組みがスゴイ!

2018/01/15 グルメ

越前と呼ばれた福井エリアは古くから酒どころとして知られています。現在も37の蔵元が伝統を守り、経験豊かな杜氏のもと地酒を醸造しています。霊峰白山からの伏流水は地層に磨かれて澄んだ仕込み水になり、五百万石や山田錦といった酒米の栽培も盛んで、おいしい地酒ができる好条件が揃った風土を持っています。結婚式のお酒に市が補助金!?そんな福井市では、さらなる地酒の知名度アップのため、ユニークな取り組みを始...

もっと読む »

幸福度日本一!?意外と知らない福井のナンバーワン

2018/01/05 経済

福井は2016年、「健康」「生活」など65の指標をもとにした「47都道府県幸福度ランキング2016年版」において、「仕事分野」「教育分野」でトップを獲得し総合1位となりました。また、中小企業の社長数が多く、2015年の「社長輩出数」は1,453人と34年連続で日本一、「学力テストの正答数」では常にトップクラスです。今回は、日本の将来を担う可能性のある福井の“ナンバーワン&rdqu...

もっと読む »

コシヒカリ発祥の地・福井の新しいお米「いちほまれ」に注目

2017/12/29 グルメ

「日本一(いち)美味しい、誉れ(ほまれ)高きお米」になるようにとの願いが込められた福井の新品種「いちほまれ」は、2017年現在、翌年秋の本格販売に先駆けて福井と東京の一部で販売されています。販売価格はコシヒカリと同程度ながらも売れ行きは好調で、食べた人の評判も上々のようです。今回は、そんな6年もの歳月をかけて開発された「いちほまれ」と、本格販売に向けた福井の取り組みについて紹介していきます。...

もっと読む »

ふるさと納税ランキング全国3位!?静岡県焼津市のふるさと納税に注目

2017/12/20 経済

お得な税控除を受けながらも、自治体から豪華な返礼品がもらえる「ふるさと納税」。年々加熱する各自治体の争いを横目に、常にふるさと納税ランキングの上位に入っているのが「静岡県焼津市」です。2015年にはふるさと納税額が約35億円、さらに2016年は50億円を突破し全国3位となり、ふるさと納税の成功例としても有名になりました。静岡県焼津市が毎年ランキング上位に入るのはなぜなのでしょうか?その秘密に...

もっと読む »

北陸新幹線で来場者急増「福井県立恐竜博物館」の新たなビジョン

2017/12/13 経済

北陸地方の中でも印象が薄く、観光客数も伸び悩んでいた福井ですが、北陸新幹線開通と同時に勝山市の「恐竜化石」が県外から大きな注目を浴びました。勝山市では、1989年より継続して恐竜化石発掘調査が行われてきました。現在まで、学術的に貴重な恐竜化石や新種の恐竜化石が多数発掘されており、それらは勝山市内にある「福井県立恐竜博物館」に展示中です。国内でも珍しい大迫力の恐竜化石を展示する同博物館、そこに...

もっと読む »

現在の静岡市中心街を作った家康公から学ぶ町づくりと経済

2017/09/29 経済

徳川家康というと、生まれ故郷の名古屋や、日本の中心として発展した江戸城のイメージがありますが、静岡市は家康が人生の1/3を過ごした町です。人質となって過ごした幼い頃だけでなく、隠居してからその生涯を終えた場所も静岡市でした。家康は、現在の静岡市の基礎を築いたと言われています。今回は、家康の町づくりと経済に触れてみましょう。江戸時代の大都市、駿府「駿府九十六ヶ町」は、徳川家康がその基礎を築いた...

もっと読む »

伝統の味!うなぎパイ最前線

2017/09/29 グルメ

浜松名物といえば真っ先にあげられるのが「うなぎパイ」ではないでしょうか。お土産の定番としても、普段のおやつとしても不動の人気を誇り、年間で約8,000万枚を生産するほどのロングセラー商品です。この銘菓を生んだ春華堂は、創業から130年を経た今も、画期的な取組みを発表しては話題を集めています。浜松が誇る、うなぎパイにまつわる最新情報を紹介していきましょう。職人の技を次世代につなぐ「師範制度」を...

もっと読む »