タグ:東北

モフモフ癒される秋田犬に会いに「犬っこまつり」へ行こう!

2018/06/19 くらし

ふわふわの毛並みに巻かれた尾、愛らしい姿で人気の秋田犬の故郷では、秋田犬を存分に堪能できる「犬っこまつり」が行われています。この犬っこまつり、愛犬を連れていけると県外の観光客からも大人気。実は秋田では、秋田犬を観光事業の柱とする「秋田犬ツーリズム」も行われているのです。ここでは、秋田のマスコット的存在である秋田犬を活用した観光事業について紹介します。いまでも受け継がれる伝統「犬っこまつり」約...

もっと読む »

スタイリッシュに生まれ変わった福島の伝統工芸

2018/06/13 くらし

日本各地で古くから根づいている伝統工芸品や民芸品。福島にも、長い歴史を持つたくさんの伝統工芸品があります。今回はそれらが現代でどのように進化しているのか、伝統を守り次の世代につなぐ取り組みについて紹介します。よりモダンで日常使いしやすい会津漆器津軽塗や輪島塗などと並び有名な会津漆器は、会津地方に400年以上も前から伝わる伝統工芸です。豊臣秀吉の命により産業としてはじまり、その後江戸時代には海...

もっと読む »

コンニャク活用で目指せハラル取得!レストラン「KABURAYA」計画

2018/06/11 経済

2017年12月にオープンした岩手のまるごと平泉・一関レストラン「KABURAYA」。「もち食」と呼ばれる郷土の食文化を中心に、地元食材をおいしく味わえると人気で、一関を訪れるツーリストの話題にもなっています。そんななか、増え続けるムスリムのインバウンド旅行客に対応するため、「KABURAYA」を運営するイーハトーブ東北ではハラル認証の取得やイスラム教の礼拝室を設置する試みをはじめています。...

もっと読む »

甘~いひとときはいかが?フォトジェニックな福島スイーツ旅

2018/06/08 グルメ

福島の甘味といえば、凍天や薄皮まんじゅうといった和菓子が有名です。しかし近年、福島では女子に話題のフォトジェニックなスイーツが流行っています。旅のお土産に良し、自分へのご褒美にも良し、SNSにアップして注目を集めても良し、そんなスイーツが福島にあります。見た目も味もインパクト大、思わず写真を撮りたくなる福島新スイーツを紹介します。ジューシーな香りに誘惑される!果樹園のとれたてパフェ福島市飯坂...

もっと読む »

福島会津の民芸品「赤べこ」の不思議な魅力

2018/06/05 くらし

昔懐かしい会津のお土産品「赤べこ」に、今再び注目が集められています。癒しの丸いフォルムにビビットな赤いカラーリング、特徴的な顔がゆらゆらと揺れるその姿が「かわいい!」と、女性を中心に人気となっています。昔から今も変わらず多くの人を虜にしてしまう赤べこの不思議な魅力と、押さえておきたい会津の赤べこスポットを紹介します。赤べこにまつわる伝説と歴史赤べこにまつわる伝説はいくつかありますが、誕生は柳...

もっと読む »

パスポートのいらない英国?福島・ブリティッシュヒルズとは

2018/05/31 経済

福島と英国。一見かけ離れたイメージを持つ2つの地ですが、岩瀬郡の山奥に中世の英国を忠実に再現した施設があるのをご存じでしょうか。7万3,000坪の広々とした敷地を有するブリティッシュヒルズでは、飲食や宿泊、外国人講師によるレッスンを通じて、本物の英国文化や英語に触れることができます。景色も建物も英国そのもの!ブリティッシュヒルズとは羽鳥湖近くの山道を抜けると、まるで英国に訪れたかのような建物...

もっと読む »

これって岩手あるある?県外の人が知らない、岩手の食文化

2018/05/28 グルメ

岩手には、盛岡冷麺やわんこそば、カキ・ウニ・イクラなどの海産物といった知名度の高いグルメがある一方で、県民のみぞ知る独特の食文化があります。そこで、今回は岩手県民以外にはあまり認知されていない地元の食文化に着目しました。無類の餅好き?年中餅を食べる一関市民お正月の定番といえばお雑煮の餅ですが、それ以外の時期にはあまり餅を食べないという人もいるのではないでしょうか。ところが宮城と秋田の県境に位...

もっと読む »

女性目線で大成功「サヴァ缶」で岩手の水産業再興を図る

2018/05/24 経済

東日本大震災によって、東北の水産業は大きな打撃を受けました。風評被害をどう払しょくしていくのか、復興に向けて何が必要なのか議論されていくなかで、岩手の水産業を再興しようと立ち上がったのが、「岩手県産株式会社」と「東の食の会」、「三陸フィッシャーマンズプロジェクト」の3社です。その3社が新しい岩手ブランド商品として作り上げたのは、おしゃれな鯖の缶詰「サヴァ缶」でした。今や全国でもファンの多いサ...

もっと読む »

理想の岩手をつくる、「イーハトー部」がおもしろい

2018/05/22 くらし

文豪・宮沢賢治がかつて理想郷「イーハトーブ」と呼んだ岩手。四季折々の美しい風景と豊かな自然が魅力的なこの地では、一風変わった活動「イーハトー部」が開始されています。岩手に住む人々それぞれが考える理想の岩手を作り上げていく、という目的を持つイーハトー部の活動内容について紹介します。イーハトー部って?イーハトー部は、岩手に新たな移住者を呼び込むための情報発信ツールとして誕生した取り組みです。移住...

もっと読む »

魅力的な名産品がいっぱい!山形県上山市ってどんなところ?

2018/05/21 くらし

山形の南東部、荒天や積雪が少なく安定した気候が特徴の上山市。市民が幸せに暮らせる「日本一の健康保養地」を実現すべく、観光・健康・環境への取り組みに力を入れている自治体です。そんな上山市には、人々を惹きつける観光スポットや名産品が多く揃っています。 豊かな自然、歴史溢れる街並み、家族で入浴可能な温泉が集まる観光地上山市の有名なレジャー地といえば蔵王です。樹氷や「蔵王のお釜」が楽しめるだけでなく、...

もっと読む »

目指すは新名物!秋田発の珍グルメ&B級グルメ

2018/05/14 グルメ

秋田の名物グルメといえば、横手焼きそばやきりたんぽ、稲庭うどんなど全国的にも有名なものが多数あります。一方で、県外の人々にはほとんど知られていない、またはじわじわと人気上昇中のご当地グルメも存在しています。今回は、将来秋田の新名物となり得るであろう、地元民に人気のメニューについて紹介していきましょう。新たに誕生した秋田名物「男鹿しょっつる焼きそば」は、2009年4月25日から販売を開始した新...

もっと読む »

第2の人生を楽しむ!「おによめ」たちが挑んだジャムづくり

2018/04/27 経済

育児や家事、時には介護に追われ、世の中の主婦は休む暇がありません。自分がやりたいことをする時間も取れず、ただただ慌ただしい日々を過ごしている人も多いのではないでしょうか。「自分が自分らしく輝ける場所をつくりたい」。そんな思いを持った6人の女性が集まり2013年に生まれたのが、農産物の加工製造・販売を行う団体「おによめ.com」です。果物や野菜の加工品を販売する彼女たちの今までと、これからの展...

もっと読む »

夢のような光景が広がる!山形の「加茂水族館」へ話題のクラゲを見に行こう

2018/04/24 経済

山形県鶴岡市の海辺に建つ「加茂水族館」は、子どもから大人まで多くの人を虜にする今話題のスポットです。水族館としてのスケールは小さいものの、他に類を見ない独自の展示とイベントでファンを集めています。そんな加茂水族館で一番の人気者は、海水中を気持ち良さそうに浮遊する「クラゲ」です。不思議な魅力で人々を引き寄せる加茂水族館の歩みと、一度は見ておきたい注目のイベントを紹介します。成功まで辛酸をなめて...

もっと読む »

名瀑・奇瀑もよりどりみどり「日本一の滝王国・山形」

2018/04/20 経済

山形は森林が県土の72%を占める、まさに「山の国」。奥羽山脈を背骨として蔵王山に月山、鳥海山など日本百名山のうち6座を有する名峰・霊峰の地でも知られています。山々には豊かな水が流れ、渓谷を形作っています。全国にある落差5m以上の滝約2,500箇所のうち山形にはなんと230もの滝が集中しており、「日本一の滝王国」にふさわしい名瀑が点在しています。ここでは山形が世界に誇る名瀑や奇瀑を紹介するとと...

もっと読む »

山奥でも電車が走る!秋田県男鹿線にあらわれた蓄電池電車

2018/04/17 くらし

車両本体についたパンタグラフが架線から電力を取り込み走る、というのが従来の電車です。しかしこの方式では地方に電車を走らせることが難しく、これまで地方路線では、エンジンを搭載しディーゼルで動く「気動車」が利用されてきました。「地方路線でも電車を走らせることができたら」、そんな願いを叶えてくれたのが、秋田県男鹿線にあらわれた寒冷地仕様蓄電池電車「ACCUM(アキュム)」です。導入以降、地元で大人...

もっと読む »

秋田県能代市にあった知られざる宇宙への扉「能代ロケット実験場」

2018/04/12 経済

日本の宇宙開発事業といえば、ロケットの打ち上げを行う種子島宇宙センターや内之浦宇宙空間観測所に代表される鹿児島県が全国的に有名です。しかしながら、意外なことにロケットの打ち上げが成功するか否かの鍵は、秋田県能代市にあります。今回は、宇宙開発に欠かすことのできないロケット実験場である「能代ロケット実験場」の知られざる秘密について紹介します。 日本の宇宙開発に貢献する国内唯一のロケット実験場能代市...

もっと読む »

朝市の前にひとっ風呂!八戸の朝は銭湯から始まる

2018/01/22 くらし

お風呂好きが多く、「人口10万人辺りの公衆浴場数」において全国トップとなった青森。とりわけ八戸では朝早くから営業している銭湯が多く、毎朝訪れる常連も少なくありません。そんな八戸では多数の朝市が開かれており、生鮮食品や雑貨、日用品などを購入していく地元の人々や観光客でいつもにぎわっています。今回はお風呂と朝市、“八戸の朝”を代表する2つの文化に迫ります。 八戸市民に古くか...

もっと読む »

お城が動いた!「弘前城」の石垣修理で町おこし

2018/01/19 経済

青森県弘前市では「お城と桜とりんごのまち」というキャッチフレーズを掲げています。その通り、弘前城のある弘前公園は国内有数の桜の名所で、4月下旬に開催される「弘前さくらまつり」には、毎年約200万人もの人々が訪れます。ところが、弘前市では街のシンボル・弘前城の老朽化した石垣を修理するため、2015年にお城を移設させるということになりました。最大の観光地が移動するということは、弘前市にとっては大...

もっと読む »

青森の郷土料理「氷頭なます」からヒントを得た美容液

2018/01/10 グルメ

東北地方及び北海道で親しまれている「氷頭なます(ひずなます)」は、生鮭の鼻先を切り取り、塩漬けしたのち酢でしめた、日本酒とよく合うお正月定番の郷土料理です。地元民には冬限定の楽しみでもある氷頭なます。その原料となるサケの鼻軟骨には美容成分である「プロテオグリカン」が高濃度で存在することが、1990年青森県産業技術センター等の研究によりわかりました。高いポテンシャルを持ち、医療分野にも活用でき...

もっと読む »

自転車×IoT「ナビチャリ」で青森の観光が変わる?

2017/12/17 経済

青森のICTベンチャーである「株式会社フォルテ」が手掛けた、レンタル自転車ナビサービス「ナビチャリ」が、全国から注目を集めています。公共交通機関が通っていない場所にも、日本全国まだまだ観光資源が埋まっています。しかし、海外を含め遠方から訪れる観光客にとって、「そこへ行くための手段」がなければ、いくら魅力的なものがあっても無理をしてまで行く必要性を感じません。そこで、近年注目を浴びているのが「...

もっと読む »