くらし
2019/04/26

日本一長い足湯は長崎にあり!小浜温泉のほっとふっと105

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
温泉街に足湯があると、ついつい足を入れてみたくなってしまうものです。屋外にある足湯にはさまざまなタイプがありますが、長崎の小浜温泉にある足湯は普通の足湯と少し様子が異なります。全長105メートルもあり、日本一の長さを誇ります。大勢で並んで入ってみたい、小浜温泉の「ほっとふっと105」の魅力をお伝えします。

ほっとふっと105のここがすごい!

ほっとふっと105は2010年にオープンした小浜温泉の人気スポットです。長さ105メートルという通常では考えられない足湯を作った小浜温泉ですが、そもそもなぜ105メートルなのでしょうか。

その理由は、「小浜温泉の源泉温度が105度だから」なのだそうです。小浜温泉は足湯の長さだけでなく、源泉温度も日本一を誇ります。高温にもかかわらず、湧出量もとても多く、1日に1万5,000トンほども湧き出ています。源泉温度がとても高温であることや湧出量の多さにも驚かされますが、足湯をそれにちなんだ長さにするという小浜温泉観光協会の発想も斬新です。

105メートルある足湯はすべて腰掛湯というわけではなく、ウォーキング足湯ゾーンとペット足湯ゾーンも設けられています。

ほっとふっと105の楽しみ方

長すぎる足湯の、ほっとふっと105だからできる楽しみ方をご紹介します。

高温好きは上流に、のんびりタイプは下流に腰掛けるべし!

源泉に近づけば近づくほど温度が高くなるのがほっとふっと105です。熱い湯が好きな人はなるべく上流に腰掛け、ぬるい湯でのんびり足湯を楽しみたい人はなるべく下流に腰掛けて足を入れましょう。ここの足湯は屋根付きの部分もあり、雨の日でも足湯がゆっくりと楽しめます。

健康志向なら足湯の中を歩くべし!

ほっとふっと105のウォーキング足湯ゾーンの底面には、足裏のツボを刺激する小石が埋め込まれています。歩くたびに足裏が刺激され、温泉の温浴効果と相まって、より健康的にウォーキングが楽しめます。足裏への刺激に弱い人は、驚いて転倒しないように注意しながら歩きましょう。

散歩のついでにペットと一緒に足湯でほっこりするべし!

散歩を楽しんだ後は、ペット足湯ゾーンでペットと一緒に足湯につかってみましょう。ペットと温泉の、ダブルのいやし効果が得られます。

温泉のスチームで蒸した食材でお腹を満たすべし!

ほっとふっと105は隣接する蒸し釜を使ったグルメも楽しめます。小浜温泉が誇る新鮮な海の幸と山の幸を温泉のスチームで蒸せば、ヘルシーで豪華なグルメに変身します。足湯につかる前に食材をセットしておくと、足湯から上がってすぐに蒸し料理が楽しめます。

蒸し釜の利用はセルフサービスで、利用無料です。食材を乗せる竹籠は有料でレンタルできます。食材の持ち込みも自由ですので、近隣のスーパーなどで安く調達してもいいかもしれません。小浜の食材のおいしさを、そのまま味わってみてください。

>>(次ページ)小浜温泉へのアクセス
1 2
Page 1 of 2
PREV 一年中金魚すくいが楽しめる!金魚だらけの城下町、奈良大和郡山
NEXT デーモン閣下降臨!広島県「がん検診へ行こうよ」推進会議

詳しく見る