くらし
2019/02/01

アーバンスポーツ(都市型スポーツ)が今年も集結。FISE広島2019!

(写真=PIXTA)
(写真= resilva/Shutterstock.com)
FISE広島2019での競技種目は、BMXフリースタイルパーク、BMXフリースタイルフラットランド、スケートボードストリート、パルクール、ボルダリング、アグレッシブインライン、ブレイクダンスの7種目です。さらに、エキシビションとして、eスポーツ、スポーツけん玉、バトントワーリングの3種目も行われる予定です。

会期中は会場内での募金活動やアスリートによるチャリティーオークションの開催も予定されています。また地域支援の面では、広島を代表するグルメのカキやお好み焼き、汁なし担々麺、日本酒をはじめ、観客が食べることで広島を応援できるフードエリアの拡充も計画中です。大規模な水害から立ち上がろうと頑張っている広島市民を、スポーツイベントという角度から全力で応援しようといった姿勢がうかがえます。また、広島の地域経済活性化という側面も加わることで、10万人の集客数を目標としている国際的なスポーツ大会はチャリティーの意味でも内外から注目が集まることでしょう。

スポーツを通して、広島の地だからこそ伝えられる平和や災害復興への思いを肌で体感できるイベントづくりが進められています。

熱く盛り上がるスポーツの街・広島へ

日本初開催となった2018FISE広島では多くの観客を集め、実質2日間で8万人を超える集客数があったのは、広島の持つ注目度やスポーツを支援する風土によるものといえるでしょう。

2回目となる今年は災害復興と地域支援を二本の柱に据えて、さらに大規模なイベントへと発展するでしょう。2019年4月19日から3日間、アーバンスポーツで盛り上がる広島をぜひ訪れてみませんか。


このコラムは2018年12月時点の情報をもとに制作したものであり、現時点において最新の情報ではない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
 
1 2
Page 2 of 2
PREV 山梨の歴史的産業、富士山麓のハタオリを全国へ
NEXT 怖いようで実はかわいい?広島弁を紹介!

詳しく見る