くらし
2019/01/04

年の初めは絶景かな?日本国内のユニークな観覧車を紹介

海辺の景色は外せない?湾岸地域の観覧車

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

次に、海辺の景色を見下ろせる湾岸地域にある観覧車をご紹介します。

・東京の名所が見渡せる!ダイヤと花の大観覧車
東京・葛西臨海公園の「ダイヤと花の大観覧車」は地上117メートルという高さを誇る観覧車です。観覧車の上からはレインボーブリッジ、海ほたる、そして東京都庁や東京タワー、東京スカイツリーといった東京の名所を眺めることができます。また夜になるとライトアップもあり、乗らずとも美しい光景を見ることができます。

葛西臨海公園内には水族館や鳥類園もあるので、家族はもちろんのことカップルや友達同士でも楽しめるでしょう。

・横浜の景色を楽しむならば、コスモクロック21へ
よこはまコスモワールドには高さ112.5メートルの大観覧車「コスモクロック21」があります。大きなデジタル時計のついた観覧車として有名です。約15分の乗車時間の中で横浜の名所が一望できます。

観覧車を利用すると、周辺施設情報を画面タッチで確認できる観覧車ナビの無料貸し出しを受けられます。タブレット操作によって横浜市内の施設名や場所の名前、さらにその詳細を知ることができます。観覧車に乗りながら市内の観光プランを練るのにも役立ちます。

観覧車に乗って気分をリフレッシュ!

人は普段生活しているところより高い場所に行くと、気分がリセットされ前向きになるそうです。新しい年の始まりに、いつもより空に近い場所から一年をスタートさせてみるのはいかがでしょうか。


このコラムは2018年12月時点の情報をもとに制作したものであり、現時点において最新の情報ではない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
1 2
Page 2 of 2
PREV 滋賀の地元民もお勧めするご利益あふれる初詣スポット4選
NEXT 出雲は古墳や遺跡のメッカ!必ず見ておきたい出雲の三大遺跡スポット

詳しく見る