くらし
2018/12/20

愛称も納得のコナン空港?心豊かに日々に潤い「まんが王国鳥取」

漫画もサブカルチャーも楽しめる!鳥取に要注目

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

鳥取では、漫画を「人々を心豊かにし、日常生活を潤いのあるものにする」と位置付け、先述したコンテストなど以外にも、観光客向けなどにさまざまなスポットやイベントを用意しています。

例えば、まんが王国鳥取のウェブサイトでは、作品の舞台になった場所が紹介されています。水木しげるさんの幻の名作とされる「雨女」の舞台となった三徳山三佛寺投入堂(みとくさんさんぶつじなげいれどう)、「遥かな町へ」の舞台となった倉吉市の白壁土蔵群など、ファンならばぜひ訪れてみたいスポットばかりです。また、「中国庭園 燕趙園(えんちょうえん)」や「とっとり花回廊」では、コスプレの聖地としてコスプレイヤーを積極的に受け入れています。日常を離れた風景のなかで撮影が楽しめる人気スポットです。

そして、夢を持つ若者を支援するため、中学生・高校生向けに国際声優コンテストも開催しています。滑舌や演技などの審査が行われる本格的な大会です。声優やタレントを目指す若者にとっては、とても興味深いコンテストなのではないでしょうか。

まんが王国鳥取の今後に期待!

コンテストの開催など積極的な漫画の活用はもちろんですが、まんが王国鳥取のPR活動は、県内だけでなく、他の都道府県でも行われています。漫画といえば鳥取、という認識が日本中に広まる日が訪れるのもそう遠くはないかもしれません。漫画やアニメのキャラクターが好きな人はもとより、人気漫画家が育った環境を見てみたい人、才能あふれる新しい漫画家が生まれるコンテストを見たい人など、漫画やアニメの世界に少しでも興味がある人は、ふらりと鳥取へ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。


このコラムは2018年11月時点の情報をもとに制作したものであり、現時点において最新の情報ではない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
1 2
Page 2 of 2
PREV 10年前より島根が好き!「リメンバーしまね」の草の根活動
NEXT 天空の城だけじゃない!生野銀山や温泉に湧く朝来の今

詳しく見る