くらし
2018/11/20

自然豊かで神聖な島・宮崎県の青島の魅力を紹介!

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
温暖な気候と豊かな自然で知られる宮崎は、1960年代には新婚旅行の聖地として有名な地域でした。宮崎には現在でも多くの観光スポットがありますが、その中の一つ、青島は日本神話ファンやスピリチュアルファンからも注目されている場所です。今回は「神聖な島」とされる青島の魅力を掘り下げていきます。

海幸彦・山幸彦神話の舞台「青島神社」

青島海岸から橋を渡ると、小さな島・青島に着きます。この島の中央にある「青島神社」は海幸彦・山幸彦神話の舞台として有名です。

この青島神社、そして青島全体が、古くから霊場とされており、1700年代頃までは、一般人は島に入ることも禁じられていたそうです。今では誰でも入島することができますが、入島が禁止されていた時の名残として、毎年旧暦の3月16日には「島開き祭」(春祭)が行われています。

また、青島は珍しい地形をしているのも特徴です。約700万年前頃にできた砂岩と泥岩が積み重なった地層が、長い時間をかけて波に洗われてデコボコになり「鬼の洗濯板」(鬼の洗濯岩)と呼ばれる地形ができました。約8キロメートルにも及ぶ波状岩の光景は、見る人を驚かせます。鬼の洗濯板は引き潮になると歩けるようになり、磯遊びもできるため、大人はもちろん子どもたちにも喜ばれるスポットです。

>>(次ページ)南国の植物の生態が学べる「宮交ボタニックガーデン青島」
1 2
Page 1 of 2
PREV 気軽に週末田舎体験!?長野・小谷村の体験プログラムがスゴイ!
NEXT おちょこがバスの乗車券!おちょこパスでのんびり走る会津若松