くらし
2018/05/21

魅力的な名産品がいっぱい!山形県上山市ってどんなところ?

(© 2014 furunavi.jp, All Rights Reserved.)
(© 2014 furunavi.jp, All Rights Reserved.)
山形の南東部、荒天や積雪が少なく安定した気候が特徴の上山市。市民が幸せに暮らせる「日本一の健康保養地」を実現すべく、観光・健康・環境への取り組みに力を入れている自治体です。そんな上山市には、人々を惹きつける観光スポットや名産品が多く揃っています。
 

豊かな自然、歴史溢れる街並み、家族で入浴可能な温泉が集まる観光地


上山市の有名なレジャー地といえば蔵王です。樹氷や「蔵王のお釜」が楽しめるだけでなく、標高の高い地域に生育する植物と目の前に広がる雄大な青空を直接体感できるトレッキングスポットとしても知られています。上山市街から蔵王までは無料のシャトルバスが運行しており、アクセス面も良好。コースが豊富な「蔵王ライザワールドスキー場」、熟練度に適したゲレンデで滑ることのできる「蔵王猿倉スキー場」もあります。

上山市は、1535年に築城された「上山城」の下、城下町としても栄えた場所です。上山城周辺には当時の武家屋敷が今でも4軒あり、城が築かれたころの面影が残されています。天守閣から蔵王連峰までを望める上山城は、1692年の取り壊しから再びこの世に蘇ったもの。今では、地域の歴史や文化などの情報を発信する郷土資料館としての役割を担っています。
 
(© 2014 furunavi.jp, All Rights Reserved.)
(© 2014 furunavi.jp, All Rights Reserved.)
また、上山市は1458年に開湯した「かみのやま温泉」を有する歴史的な温泉街でもあります。福島・東山温泉と秋田・湯野浜温泉とともに奥羽三楽郷と呼ばれ、古くから人気を博していました。泉質は弱アルカリ性で、大人だけでなく赤ちゃんも一緒に入浴することができる、家族に優しい温泉です。

特徴は、城下町としての上山市が体感できる「新湯・湯町・十日町地区」と、自然あふれる「葉山・河崎・高松・金瓶地区」の2つのエリアに分かれていること。温泉に浸かりながら、あるいは足湯を楽しみながら、上山市の歴史と自然に触れられます。

>>(次ページ)四季折々の楽しみ方で人々を魅了
1 2
Page 1 of 2
PREV 理想の岩手をつくる、「イーハトー部」がおもしろい
NEXT 大迫力&絶景が楽しめる建築美!全国各地のおもしろダム3選