くらし
2017/09/29

みかんだけじゃない!愛媛で買うべきお土産8選

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

愛媛の温州みかんの収穫量は和歌山に続き第2位で、かんきつ類全体でみると第1位です。愛媛では蛇口をひねればみかんジュースが出るという都市伝説があるほど、みかんは県民から愛されています。

みかんのイメージが強い愛媛ですが、みかん以外のお土産には何があるのでしょうか。みかんだけじゃない愛媛のお土産を紹介します。

歴史ある愛媛の銘菓たち

1. 坊ちゃん団子(ぼっちゃんだんご)

夏目漱石が英語教師として松山に赴任していた頃に好んで食べたという団子に因んで作られたお菓子です。彼の小説「坊ちゃん」にも登場したことから名付けられました。漱石が実際に食べたのは米の餅に餡をまぶしただけの「湯ざらし団子」でしたが、それが大正時代にアレンジされ緑・黄色・黒と3種類の餡でお餅を包んだ「坊ちゃん団子」となりました。

道後温泉をはじめ松山市一帯で味わえる団子は、甘さ控えめの素朴な味わいです。3色の団子はSNS映えも抜群のかわいらしさです。

2. 一六タルト(いちろくタルト)

松山藩主の松平定行が長崎から持ち帰ったお菓子をヒントに生まれた「一六タルト」は、小豆餡をふわふわのスポンジで巻いたロールケーキ状のスイーツです。餡には愛媛産の柚子が入り、爽やかな香りがアクセントになっています。

なぜロールケーキ状の菓子をタルトと呼ぶようになったかは諸説ありますが、愛媛でタルトといえばこのお菓子のことで、パイ生地にフルーツなどが乗ったいわゆる一般的なタルトを見た愛媛民は「これがタルト!?」と不思議な顔をするのがお約束のようです。

3. 瀬戸内名菓「母恵夢」(ぽえむ)

和菓子の上品さと洋菓子のリッチな風味を併せ持った、愛媛を代表するお菓子です。フランス帰りの画家が「この味は、まさにポエムだね」と絶賛したことから名付けられました。

母恵夢の前身「バター万十」が誕生した1950年は、まだバターや卵を使ったお菓子が珍しい時代でした。しっとりと口どけの良いビスケット生地にホクホクの黄身餡が包まれた優しい味わいは、今もなお老若男女問わず愛され続けています。

地元民に愛される郷土の味

4. 鯛めしの素

「鯛めし」は、新鮮な鯛の刺身を特製のタレと生卵、ゴマ、ネギなどと混ぜ合わせ、ご飯にかけて食べる宇和島地方の郷土料理です。宇和島で活躍した村上水軍が船上で食していた料理が起源と伝えられています。「鯛めしの素」があれば、この鯛めしを自宅で手軽に楽しめます。

5. 削りかまぼこ

冷蔵庫のない時代に、かまぼこを乾燥させることで保存性を高め、それを削って食べたのが始まりとされています。そのまま食べることもできますが、地元ではおむすびやちらし寿司、冷奴にのせたり、お吸い物に入れたりして食べるのが一般的です。魚のうま味がたっぷりで、水分を含むと柔らかくなり不思議な食感が楽しめます。

6. じゃこ天

地魚などのすり身を成形して油で揚げたじゃこ天は、愛媛県南予地方の海岸部の特産品です。そのまま食べてもおいしいですが、火であぶってから大根おろしをのせ、醤油を落として食べるのがおすすめです。宇和島市ではおでんに入れるほか、肉の代わりにカレーに入れて「天ぷらカレー」という家庭料理として食べる文化も根付いています。

愛媛のゆるキャラグッズ

7. 「バリィさん」グッズ

愛媛の人気者バリィさんは、来島海峡大橋をイメージしたクラウンを頭にかぶり、タオル生地の腹巻きと船形の財布を持った鳥で、ゆるキャラグランプリ2012の王者でもあります。バリィさんのイラスト入り今治タオルやかわいいマスコットストラップなど、県外ではなかなか手に入らないものをお土産にするのもいいですね。

8. 「みきゃん」グッズ

みきゃんは、みかんの「み」と子犬の鳴き声「キャン」を合わせて「みきゃん」と名付けられた、明るくて好奇心旺盛なみかん好きの犬です。ハート形の鼻としっぽのみかんの花がチャームポイントです。2017年に愛媛で開催された愛媛国体のマスコットキャラクターでもあります。ぬいぐるみやポーチの他に、一六タルトとコラボした商品も発売されています。

愛媛の人々に親しまれているモノをお土産に

愛媛のお土産には、地域の人に普段から親しまれているものが多くあります。愛媛に行った際は、ぜひ愛媛らしさにあふれたお土産を探してみてください。

PREV 体験できる!?駿府城の発掘調査
NEXT シャッター通りから若者で活気づく街へ!オトナ女子も注目の「三津浜商店街」

関連記事