くらし
2019/05/30

倉敷市児島は学生服の生産量日本一!繊維の町を一日中楽しもう

倉敷で一日中楽しめるおすすめのコースは?

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
倉敷は繊維好き、洋服好きの人のみならず、家族連れや恋人同士、友人同士で訪れても楽しめる町です。ここからは、倉敷のおすすめのコースを紹介しましょう。

学生気分も味わえる学生服体験とジーンズ作り体験

子どもを連れて、あるいは友達同士で楽しみたいのなら、学生服体験とジーンズ作り体験コースはいかがでしょうか。

学生服の生産量日本一の児島にある「児島学生服資料館」では、各学生服メーカーののぼりや看板など、400点以上の資料が展示されています。自分が学生だった時の学生服を探してみるのも楽しいでしょう。さらに注目したいのが、資料館2階にある学生服試着コーナーです。学生服やセーラー服、ブレザーなど100着が並べられており、自由に着ることができます。学生服を着ての写真撮影は盛り上がること請け合いです。

児島学生服資料館を出た後はジーンズ作り体験に挑戦してみましょう。「ベティスミス体験工房」では、15種類(キッズは3種類)の中からジーンズを1本選び、好みのデザインのボタン、リベット(ポケット周りについているびょう)をレイアウトし、縫い付けて自分だけのオリジナルジーンズを作ることができます。

気軽に楽しめるジーンズ生地のストラップ作りもあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

色とりどりの布を作れる染色体験

自分だけのタオルマフラーを作りたいという人は、染色体験はいかがでしょうか。児島にある浦上染料店が経営する「どんぐり工房」では、自分の好きな色に布を染められます。

染色の方法も藍染め、柿渋染め、どんぐり染め、ヨモギ染めなどさまざまです。5分ほどで染め上がる染色もあるので、気軽に体験できます。工房内に準備しているタオルマフラーだけでなく、持参した衣類・タオルなどにも染色できますので、好みの色の一品を作ることも可能です。

学んで楽しめる倉敷を訪れてみよう

倉敷は日本の繊維産業の歴史を学べる町であると同時に、ジーンズ作り、染色など繊維に関する多くの面白い体験ができる町でもあります。休日に家族で、あるいは友人と訪れて、一日中楽しんでみてはいかがでしょうか。


このコラムは2019年4月時点の情報をもとに制作したものであり、現時点において最新の情報ではない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
1 2
Page 2 of 2
PREV 人口に比べてカフェ・コーヒーショップが少ない?都内カフェ事情
NEXT 商店街がまるごとホテルに!?宿場町大津でのんびりステイ

詳しく見る