「沖縄あるある」独自に発展した沖縄の風習を紹介

2018/02/15 くらし

同じ日本であるのにも関わらず、長い歴史の中で独自の文化を発展させてきたのが沖縄です。県外の情報が入るようになり、移住者も多くなった現在でも、沖縄の人々は独特な風習や習慣を続け「沖縄らしさ」を大切に守っています。沖縄に行く前に予習しておきたい、「沖縄あるある」を紹介します。外で見かける沖縄ならではの風習初めて沖縄へ訪れた人は、感動的な景観や温暖な気候に心を奪われると同時に、沖縄でしかみられない...

もっと読む »

目移りしそう!こんなにあった特産品「とくしま市民遺産」

2018/02/08 くらし

全国シェアほぼ100%を占めるほどの、すだち生産量を誇る徳島。他にも脂肪分が少なく程よい歯ごたえのある「阿波尾鶏」、お菓子以外に飲み物や料理にも使われる「阿波和三盆糖」など、グルメ関連の特産品を豊富に有しています。今回は、徳島を代表する特産品の中から「とくしま市民遺産(徳島市が選定した、徳島市の食文化、景観など)」に選ばれた和菓子と郷土料理、そして農産物をピックアップして紹介します。良質な素...

もっと読む »

観光スポットより楽しめる!?徳島にある面白スポット・珍百景

2018/02/02 くらし

徳島の有名観光スポットで最もポピュラーなのは鳴門海峡の渦潮です。それ以外にもまだまだ見ておくべきポイントはあるのですが、徳島県民以外にはあまり知られていないものが多くあるようです。徳島の見どころは海だけじゃない!有名観光スポットよりも楽しめる面白スポットを紹介します。街中、狸だらけの謎徳島に行くと、あちらこちらで狸をモチーフにした石像を見かけます。道路の縁石には阿波踊りをする狸の姿、ポストの...

もっと読む »

有田焼400年記念!日進月歩を続ける焼き物の魅力

2018/01/31 くらし

日本磁器の代表的な存在の一つといえるのが、有田焼です。1616年に佐賀県有田町で初めて製造されてから約400年、有田焼はこれまで継承されていた技法を新たな形へと変化させ、現代人の生活に適応する様式へと進化しています。デザイン・機能ともに良質な有田焼は日本国内だけではなく海外からの人気も高く、中にははるばる海を越えてやってくるファンも。そんな、進化・発展を続ける有田焼の魅力について迫ります。注...

もっと読む »

「富岡製糸場」だけじゃない。見て、知って、楽しめる優良土木施設

2018/01/29 くらし

群馬といえば、伊香保・草津などの温泉、世界遺産の富岡製糸場が非常に有名です。ですが、それ以外の見どころもたくさんあることをご存知でしょうか。特に、国の登録有形文化財「桐生市水道関係施設」や「わたらせ渓谷鉄道」など、歴史的にも貴重な土木・建築施設には目を見張るものがあります。また、群馬県みなかみ町は特徴的な形の「ダム」があることでも有名です。今回は「大人の社会科見学」にもおすすめの群馬の土木・...

もっと読む »

朝市の前にひとっ風呂!八戸の朝は銭湯から始まる

2018/01/22 くらし

お風呂好きが多く、「人口10万人辺りの公衆浴場数」において全国トップとなった青森。とりわけ八戸では朝早くから営業している銭湯が多く、毎朝訪れる常連も少なくありません。そんな八戸では多数の朝市が開かれており、生鮮食品や雑貨、日用品などを購入していく地元の人々や観光客でいつもにぎわっています。今回はお風呂と朝市、“八戸の朝”を代表する2つの文化に迫ります。 八戸市民に古くか...

もっと読む »

『佐賀のがばいばあちゃん』の“がばい”の意味は?佐賀弁を紹介

2017/11/30 くらし

「佐賀といえば?」と聞かれたとき、あなたは何を思い浮かべますか?佐賀は九州の中でも突出したものが少なく、2017年のブランド総合研究所による魅力度都道府県ランキングでは47都道府県中45位という結果でした。そんな佐賀が、県全体の知名度を上げるために着目したもの、それは「方言」です。他県民には理解されない「佐賀弁あるある」や、公開されるや否や話題となった「佐賀弁ラジオ体操」を紹介します。「がば...

もっと読む »

続々登場するユニーク美術館!いま、東京のアートが楽しい

2017/11/26 くらし

東京都内には「草間彌生美術館」「三鷹の森ジブリ美術館」など、従来の美術館の枠にとらわれない、個性的な美術館が次々とオープンしています。子どもから大人まで、そして芸術にあまり興味がなかった人でも夢中になれる、そんな美術館を紹介します。続々オープンするユニークな美術館2017年10月、新宿区弁天町に開館した「草間彌生美術館」は、前衛美術家として知られる草間彌生氏の作品を集めた美術館です。館内には...

もっと読む »

「母になるなら」どこに住む?子育て支援で大幅人口増の千葉県流山市

2017/10/26 くらし

都心への人口流出、高齢化による人口減少に多くの地方都市が頭を抱える中で、驚くべき人口増加を実現したのが千葉県流山市です。同市では、行政としては革新的なマーケティングを行い子育てしやすい街をアピール、働き盛りの30代を中心に移住促進を続けてきました。その異例ともいえる「移住のためのマーケティング」が大きく成功し、2005年には15万人だった人口は毎年2,000~5,000人増加、2009年に1...

もっと読む »

千葉県柏市の「柏の葉スマートシティ」が目指す未来の街づくり

2017/10/23 くらし

千葉県柏市にある「柏の葉スマートシティ」は、東京都心から25キロメートルの位置に開発された新たな街です。つくばエクスプレスで秋葉原駅から30分という好立地にあり、柏の葉キャンパス駅を中心とし独自の発展を遂げています。2000年より、元はゴルフ場であった273ヘクタールの広大な土地を三井不動産株式会社が開発を進め、千葉県や柏市、東京大学、千葉大学と共に次世代都市計画を作り上げました。2014年...

もっと読む »