グルメ
2019/02/12

驚きの連続!?美味がたくさんの新潟グルメに関するいくつかの事実

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
米どころとして有名な新潟では、おいしい米や日本酒が多く作られています。しかし、新潟にあるグルメはそれだけではありません。今回は、一度は味わってみたい新潟が誇る多彩なご当地グルメについてのご紹介です。

きれいな色が魅力的!食感も見た目も味わいたい「へぎそば」

麺類が好きな人におすすめなのが、魚沼地区や小千谷市・十日町周辺で食べられている「へぎそば」です。これらの地域では、冠婚葬祭の時にそばで客人をもてなすという風習がありました。食べやすいようにひとつかみずつ美しく並べ、「へぎ」と呼ばれる木箱に入れてそばを提供します。

へぎそばは、普通のそばよりも緑がかった色をしています。これは、そばのつなぎに布海苔(フノリ)を入れているためです。小千谷市や十日町は織物の産地であったため、布海苔は食用だけでなく糸の張りを持たせるための糊として使われていました。布海苔はこの地域の人々にとって身近なものだったのです。

布海苔が練り込まれることによって、ツヤが出て、コシの強さも味わえるへぎそば。へぎに入れられたきれいな見た目とともに、そののど越しと風味も楽しめます。

新潟県民ならだれでも知っているふるさとの味「のっぺ」

次にご紹介するのは、新潟の家庭料理として有名な「のっぺ」です。サトイモなどの根菜、コンニャクやカマボコ、鶏肉をしょうゆ味の出汁で煮て作ります。

冬は温かく夏は冷やして、家族や親戚の集まり、お祭り、お正月など、一年を通して大人数で集まる際によく食べられています。家庭によって具や味が異なるのも特徴です。サケやシイタケ入りのものや、上にイクラを乗せたものなどもあり、それぞれの家庭でさまざまな工夫がなされています。

新潟市のホームページでは、のっぺの基本レシピを掲載しています。まずは基本の味で楽しみ、2回目からは自分なりのアレンジを加えて好みの味を見つけてみるのもいいでしょう。

新潟にあるワイルドな料理が「わっぱ煮」です。杉を曲げて作る「わっぱ」という容器に、焼いた魚とネギを入れてお湯を注ぎます。さらにその中に焼いた石を入れ、汁を煮立たせます。ぐつぐつと煮えた味噌ベースの汁で、体が温まる漁師料理です。

わっぱ煮は新潟県北部に位置する自然豊かな粟島の名物料理で、島の民宿や食堂で味わえます。具材はカワハギやメバルなど、粟島近海で取れる魚です。時季によって入る魚や具が変わりますので、季節ごとにいろいろな味が楽しめるのも魅力の一つです。

ちなみに粟島では、わっぱ煮作り体験も行っています。食べるだけでなく、自分でも豪快な料理を作ってみたいという人は、ぜひ参加してみましょう。

>>(次ページ)大きさにびっくり!カレー風味のから揚げ「半身揚げ」
1 2
Page 1 of 2
PREV 寒さを吹き飛ばす「にいがた酒の陣」で日本酒を堪能
NEXT え!?お正月にコレ?全国にある不思議なおせち料理

詳しく見る