グルメ
2018/12/30

え!?お正月にコレ?全国にある不思議なおせち料理

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
結婚して初めて迎えるお正月。二人並んでおせち料理を作ろうとしていると、お互いの手には見慣れない食材が……なんていう光景が日本全国のキッチンで見られたかもしれません。というのも、地域によっておせち料理に使われる食材や調理法はかなり異なります。お雑煮だけではない、全国にある変わったおせち料理をのぞいてみましょう。

地域で変わる海鮮料理

おせち料理に欠かせない豪華な海鮮料理も、地域ごとに使われる食材や味付け、調理法が変わってきます。近年販売されているおせちセットでは、カニや伊勢エビ、オマールエビなど高級な食材が多く使われていますが、都道府県ごとに特徴的な食材を使った伝統的なおせち料理もいいものです。

・島根県「赤貝の煮つけ」
島根では、赤貝(サルボウガイ)を酒、醤油、みりんで煮込んだ煮つけが定番です。貝のむき身ではなく、殻つきのまま盛り付けされるのが特徴です。この貝はかつて島根で多く漁獲されていましたが、近年では県外産の赤貝が多く流通しています。炊き込みご飯やみそ汁の具としてもおすすめの食材です。

・山梨県「アワビの煮貝」
なぜ山梨でアワビが?と不思議なところです。江戸時代、駿河湾で漁獲された新鮮なアワビを甲州へ送るため、醤油で加工して運んだのが由来とされています。たる詰めにされた醤油とアワビがよくなじみ、甲州へ着くころにちょうど食べごろになっていたのだとか。丸ごと醤油につけられたアワビを薄くスライスして食べるのが甲州山梨流です。

・北海道「氷頭(ひず)なます」
そもそも、北海道ではおせち料理を食べる日にちが全国と異なります。一般的に、北海道民は大みそかにおせちを食べるのが特徴です。そして大根のなますだけでなく、氷頭なますという鮭の鼻先の軟骨を使ったなますもおせち料理に並びます。

・岐阜県「焼きイワシ」
岐阜は節分ではなくお正月にイワシを食べます。大きめのイワシを丸ごと焼き、そのまま食べます。こちらは年取りの魚として、年越しの食卓に並びます。

・沖縄県「田芋(ターンム)田楽」
田楽というと焼いた野菜や豆腐の上に田楽味噌をのせた料理を想像しますが、沖縄の田芋田楽は様子が違います。一般的なおせちの栗きんとんにあたるのがこの料理で、つぶした芋に甘く味付けします。

>>(次ページ)おせちといえば煮物
1 2
Page 1 of 2
PREV 驚きの連続!?美味がたくさんの新潟グルメに関するいくつかの事実
NEXT お椀が2つ!?岩手のくるみ雑煮ってどんなもの?

詳しく見る