グルメ
2018/12/28

お椀が2つ!?岩手のくるみ雑煮ってどんなもの?

くるみ雑煮は家でも作ることができる?

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

岩手の宮古地区では基本の雑煮はもちろん、くるみダレまで自宅で作るところも少なくないようです。

秋に収穫したくるみの皮をむいて保存し、大みそかにくるみダレを作ることは宮古地区の家庭の年末行事の一つになっています。昔はくるみダレを保存するための冷蔵庫などがなかったことから、大みそかに作っていたようです。

くるみの他にしょうゆや砂糖の入ったくるみダレは、ペースト状になるまでしっかりとすりつぶす必要があります。時間も手間もかかる作業をしながら、岩手の人々は一年を振り返ったり、新しい年に思いをはせたりするのかもしれません。

手間暇かけて作ったくるみダレにサケやイクラなどの豪華な具材。くるみ雑煮は昔からお正月というハレの日の特別メニューであったことがよく分かります。

くるみ雑煮をぜひ食べてみよう!

くるみ雑煮は今でも岩手の各家庭で食べられています。家でくるみをするのは手間がかかりますが、最近では通信販売でくるみ雑煮セットも販売されています。「たれまで手作りするのはちょっと……」「岩手県民ではないけれどくるみ雑煮が食べてみたい」という人は利用してみてはいかがでしょうか。

また、レシピサイトなどでもくるみ雑煮の作り方は紹介されています。比較的簡単な作り方を載せているサイトもありますので、ぜひ参考にしてみてください。きっと、いつもの雑煮とは一味違う味を楽しめるでしょう。


このコラムは2018年12月時点の情報をもとに制作したものであり、現時点において最新の情報ではない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
1 2
Page 2 of 2
PREV え!?お正月にコレ?全国にある不思議なおせち料理
NEXT 香住ガニを堪能!兵庫で冬の味覚を思う存分に味わう

詳しく見る