グルメ
2018/12/27

香住ガニを堪能!兵庫で冬の味覚を思う存分に味わう

香住ガニをお腹いっぱい食べつくそう!

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

松葉ガニよりもリーズナブルで、うま味が濃く、カニ刺しや焼きガニ、カニ鍋とさまざまな調理法で食べられる香住ガニや、その他獲れたての海産物が味わえる場所をご紹介します。

・海鮮マーケット「海の蔵」
その名の通り、香住漁港で水揚げされた魚介類を販売しています。香住ガニだけでなく、活き松葉ガニや、足のみの釜揚げ「切ガニ」も入手できます。その他に干物などのお土産品もありますので、産地から遠方へ、香住の新鮮な魚介類を贈るのもいいでしょう。

・海鮮レストランかに八代「れんが亭」
海を眺めながら食事ができる、カウンター席のあるレストランです。店内は広々としており、個室もあるので家族連れでもゆっくりとカニを楽しめます。松葉ガニと香住ガニを食べ比べるならば「ダブル鍋」、ぜいたくに味わいたいのなら、カニすき、焼きガニ、茹ガニ、刺身が楽しめる「かにすきフルコース」がおすすめです。

年末年始、笑顔でカニを囲もう

松葉ガニよりも漁期間が長く、水揚げ量も多い香住ガニは、秋から翌春まで新鮮な状態で楽しめます。香住まで行くのは難しいという人は、お取り寄せで楽しんでみましょう。家族や親戚の集まる年末年始は、産地直送の香住ガニをぜひ味わってみてください。


このコラムは2018年11月時点の情報をもとに制作したものであり、現時点において最新の情報ではない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
1 2
Page 2 of 2
PREV お椀が2つ!?岩手のくるみ雑煮ってどんなもの?
NEXT 鳥取へ行くなら冬がベスト!?雪の砂丘に霊峰大山、カニ推しも

詳しく見る