グルメ
2018/12/27

香住ガニを堪能!兵庫で冬の味覚を思う存分に味わう

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
冬の味覚の中で、ひときわ人気が高く、贅沢な食材の一つに挙げられるカニ。南北に長い島国日本では、地域によって獲れるカニの種類が異なります。食べごたえたっぷりのタラバガニ、ミソまでおいしい毛ガニ、珍しい花咲ガニなどさまざまですが、身のうま味が濃い「ズワイガニ」を好きなカニの一番手に推す人も多いのではないでしょうか。

今回は、ズワイガニの中でも、兵庫の一部地域で水揚げされ、ブランドガニの一つとして知られる「香住(かすみ)ガニ」を取り上げ、知っているとちょっと自慢できそうなカニのトリビアもご紹介します。

ズワイガニのトリビア

まずは、知っていると忘年会や新年会で役立つかもしれない、ズワイガニのトリビアから見ていきましょう。

・松葉ガニとズワイガニの関係って?
山陰地方の特産として知られる松葉ガニは、実は松葉ガニという種類のカニではありません。松葉ガニは、実は本ズワイガニの一種なのです。島根、京都、兵庫などの主に山陰地方で漁獲される「オスの本ズワイガニ」だけが、松葉ガニと呼ばれ、ブランドガニとなっています。

メスのカニは子持ちガニや親ガニと呼ばれ、脱皮したばかりで身殻の柔らかい松葉ガニは若松葉ガニとも呼ばれるそうです。すべて同じ本ズワイガニですが、山陰地方では雌雄の違いによってカニの呼び名が変わります。

・香住ガニは紅ズワイガニの一種
松葉ガニは本ズワイガニの中のブランドガニですが、香住ガニは本ズワイガニではなく、紅ズワイガニのブランドガニです。では紅ズワイガニと本ズワイガニの違いはどこにあるのでしょうか。

まずは見た目です。紅ズワイガニは、名前の通り茹でる前から赤い色をしています。また、本ズワイガニよりも水深の深いところに生息しているのも特徴の一つです。本ズワイガニは刺身やしゃぶしゃぶで食べるのが一般的ですが、紅ズワイガニは基本的に茹でて食べます。

ところが、香住漁港で水揚げされる香住ガニは、本ズワイガニと同様に刺身でも味わえます。漁期が長く漁獲量も松葉ガニより多いことから、比較的リーズナブルなのも魅力です。

・香住のゆるキャラ「松葉くん」
このように、香住漁港で獲れる紅ズワイガニを香住ガニとしてブランド化している一方で、香住観光協会はゆるキャラの「松葉くん」を生み出し、地元海産物のPRに力を入れています。ゆるキャラの名前からも分かる通り、香住では香住ガニと松葉ガニの両方が水揚げされています。この冬は、一度の訪問で二度おいしい香住を訪れてみてはいかがでしょうか。
 
(写真=香住のゆるキャラ「松葉くん」)
(写真=香住のゆるキャラ「松葉くん」)

>>(次ページ)香住ガニをお腹いっぱい食べつくそう!
1 2
Page 1 of 2
PREV お椀が2つ!?岩手のくるみ雑煮ってどんなもの?
NEXT 鳥取へ行くなら冬がベスト!?雪の砂丘に霊峰大山、カニ推しも

詳しく見る