グルメ
2018/08/01

牛タンや石巻焼きそばだけじゃない!宮城の隠れグルメ

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
宮城は、牛タン・石巻焼きそば・ずんだ餅といった全国的にも有名なグルメが豊富です。このほかにも、具沢山の汁物「おくずかけ」やおなかにやさしい「白石うーめん」など、地元民が愛する郷土料理が多くあります。今回はこうした宮城県の隠れた人気グルメと食文化について、紹介していきます。

みんな大好きな宮城グルメ

宮城のご当地グルメとして外せないのが、お盆やお彼岸のお供えとして用いられる「おくずかけ」です。野菜や油揚げ・こんにゃく・キノコなどさまざまな具材を細かく切って煮込んだ料理で、具材や味付けは家庭によって異なります。野菜が小さく、くず粉を入れてとろみを出すことで、苦手な具材も気にせずおいしく食べることができるのだといいます。

宮城県北部・登米地方の郷土料理「はっと」は、水で練った小麦粉を熟成させ、薄く伸ばしてから醤油仕立ての汁で茹でたものです。おくずかけと似ていて、キノコ・野菜・鶏肉・かつお節など各家庭で違う具材と出汁を使います。ツルッとした舌触りと歯ごたえがクセになる逸品で、ずんだや小豆を絡めて味わうこともあるようです。

同じく昔から登米地方に伝わるのが、油でグルテンを揚げた「油麩」です。登米市にある飲食店では、この油麩をカツに見立てて作った、カツ丼ならぬ「油麩丼」を提供しており、子どもから大人まで幅広い年齢層の人々に愛されています。

麺が主役の郷土料理も

「県中華飲食生活衛生同業組合」が仙台の新名物にすべく取り組んでいるのが、焼きそばの上にマーボーをかけた「仙台マーボー焼きそば」です。使用する麺は焼くか揚げるかしたものが条件ですが、マーボーの具材は自由となっているため、各飲食店の個性を楽しめるB級グルメとして注目されています。

仙台マーボー焼きそばは1970年代前半に仙台市内で誕生したグルメで、元々は中華料理店の賄い飯でした。当初はマイナーなメニューでしたが、2013年にテレビ番組で放送されるやいなや、市内のお店に問い合わせが集中したといいます。これを好機ととらえた店主たちは、仙台の新たな名物として仙台マーボー焼きそばを全国に広める活動を開始しました。

2017年10月には、同組合の認定を受けた料理店が、仙台マーボー焼きそばを600円で提供する食べ比べサミットを開催しました。2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに全国に浸透させることを目指し、今後もさまざまな取り組みが企画されるようです。

さらに古い歴史を持つご当地麺料理として名前が挙がるのが、およそ400年前に白石市で生まれた「白石うーめん」です。油なしで小麦粉と食塩水でこねた麺を使う料理が元になっています。消化しやすさと舌触りの良さが特徴で、栄養価も高めです。現在ではカレー味や味噌味、ラーメン風など、白石市内で営業している15店舗でバラエティ豊かな白石うーめんを楽しむことができます。

>>(次ページ)串たこ焼にクリームメロンパン?少し変わった食文化
1 2
Page 1 of 2
PREV 定番から生まれた新名物のおみやげ6選 この夏はあなたも試してみよう!
NEXT 実は喫茶店数全国一!高知のカフェはモーニングがスゴイ