グルメ
2017/09/29

愛と肉汁をハンバーグに閉じ込めて!静岡が誇るご当地ファミレス「炭焼きレストランさわやか」

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
静岡は、B級グルメの祭典「B-Iグランプリ」で2度の受賞を果たした「富士宮やきそば」をはじめ、「静岡おでん」や「みしまコロッケ」など、全国的に知られているご当地グルメがたくさんあります。なかでも、静岡でしか食べられない絶品グルメとして挙げられるのが、「炭焼きレストランさわやか」の看板メニュー「げんこつハンバーグ」です。

静岡県民が誇る、美味しさの秘密はどこにあるのでしょうか。レストランを運営している、さわやか株式会社のこだわりを紹介します。

「さわやか」に込められた思いとは

「炭焼きレストランさわやか」を運営しているのは、1977年創業、静岡県浜松市中区に本社を置く「さわやか株式会社」です。静岡県内のみにチェーン展開し、現在は30店舗で営業しています。

「さわやか」という店名は、創業者である社長が長い闘病生活の経験から、いきいきとしたさわやかな状態で生きられる価値を学んだことに由来しているといいます。健やかに生きる力のもとをつくるのは、自然の恵みである食材です。主力商品である牛肉100%の炭焼きハンバーグに代表されるように、同社が提供する料理は、食材選びから調理法、提供の仕方まで、「食べた人が元気になる」ことへのこだわりが見えます。

徹底した食材管理によって実現した「レア」で味わうハンバーグ

初めての来店では「まずこれを食べるべし」といわれるほど圧倒的な人気を誇っているのが、「げんこつハンバーグ」です。熱々の鉄板の上にゴロンと丸いげんこつ型のハンバーグが乗った状態で運ばれ、店員さんがお客さまの前で焼き上げてくれます。

創業当時から変わらないというおすすめの食べ方は、「中身がほんのり赤いレアの焼き加減」とのこと。外側は香ばしく噛みごたえのある食感、中はやわらかく噛むほどに旨みと肉汁が口中に広がり、「これぞさわやかの味!」とうならせる味わいです。

ハンバーグの中が赤いレア状態で出すのを可能にしているのは、同社の徹底した食材管理です。お肉は「さわやかブランド」として企画開発されたもので、オーストラリア南東部にある指定牧場で安全に飼育された牛の指定部位のみを使用しています。これを「ISO22000認証」を取得した自社工場にて、毎日検査と試食を繰り返しながら製造するという、厳格な管理体制がしかれています。

げんこつハンバーグの独特の食感は、肉繊維を壊さない加工技術とつなぎを一切使わない牛肉100%へのこだわりから生まれています。今日つくったハンバーグは今日中に食べることをモットーに、毎日つくりたてのものがチルド配送によって県内全店舗へと届けられ、美味しさと安心の品質を保っているのです。

「おいしい記憶」をつくる楽しい演出

食事をする楽しみは、味わいだけではありません。同社が目指しているのは、愛情でつくられた料理によって元気の輪が広がる「ふるさとの店」。このコンセプトは、木造りのアットホームな店づくりやお子さまへのプレゼントといった工夫にあらわれています。

お客さまの目の前で仕上げの調理をするのも、食べる楽しみを盛り上げる演出の一つです。こうした取り組みの一つひとつが「美味しい記憶」として刻まれ、また行きたくなる場所になるのかもしれません。

静岡県内のみのチェーン展開のため、県外の人にとっては気軽に通えるお店というわけではありません。しかし県外に出ている静岡県民は、帰省したらまず「さわやかにハンバーグを食べにいく」という人が少なくないようです。

レストランの領域を超えて静岡県民のソウルフードとなっている「炭焼きレストランさわやか」のハンバーグ。昔も今も変わらない味であることも、愛され続ける理由といえるでしょう。
PREV 産地ならでは!?千葉県民はピーナッツをゆでて食べている!
NEXT 愛媛名物「ポンジュース」の味が進化し続ける理由

関連記事