グルメ
2019/08/16

海の幸だけじゃない!青森のソウルフード「うんぺい」とは?

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
海の幸だけじゃない!青森のソウルフード「うんぺい」とは? 日本各地には名物と呼ばれる郷土料理やお菓子があります。海の幸やりんごのイメージが強い青森の津軽にも「うんぺい」という有名なお菓子があるのをご存じでしょうか。どこかで見たことがあるような形に、きっと引きつけられることでしょう。

あの食べ物にそっくりの形?「うんぺい」とは?

半月型でうずまき模様やまだら模様があり、その見た目はまるでかまぼこやナルトのような形のお菓子、それがうんぺいです。もち米と砂糖を混ぜて練って作られています。

口に入れるとほのかな甘さを感じます。もっちり感と砂糖のシャリシャリとした歯触りが同時に味わえる不思議な食感のお菓子です。

青森の南部地方には「べっこうもち」「べごもち」と呼ばれるお菓子がありますが、うんぺいはそれらよりも甘さが強いという特徴もあります。

うんぺいはどんな時に食べられる?

津軽の銘菓うんぺいはどのような時に食べられるお菓子なのでしょうか。半月のかまぼこ型・ナルト型のものは普段から食べる日常のお菓子として愛されています。ただ、残念なことに最近では常時店頭に並べる和菓子店が少なくなってきているようです。

うんぺいの中には鯛などの魚や花をかたどった「型もの」と呼ばれるものもありますが、こちらは結婚式などの慶事、ひな祭りなどの行事用として特別に作られているものです。祝い事だけでなく、法事用に菊の花をかたどったうんぺいもあります。慶事用・法事用の型もののうんぺいは受注生産ですので、店頭には並びません。型もののうんぺいは津軽の人たちに特別な時のお菓子として親しまれています。

>>(次ページ)歴史を守りつつ新しい味も誕生!
1 2
Page 1 of 2
PREV 夏だ、ビールが飲みたい!ヱビスビール記念館へ行こう
NEXT メジャー?マイナー?兵庫ご当地グルメ4つのメニュー

詳しく見る