経済
2019/04/05

世界最先端の科学を見学!サイエンスツアーバスで行くつくばの旅

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
研究教育機関が集まる研究学園都市・つくばには、一般見学が可能な施設が約50ヵ所あります。現在、科学の街により親しんでもらおうと、主要な6つの研究教育施設を巡る循環バスが運行中です。

今回は、つくばサイエンスツアーバスの利用方法からバス利用で見学しやすい施設、スタッフガイド同行コースの紹介まで、つくばで最先端の科学に触れる旅へとお誘いします。

研究学園都市・つくばとは?

茨城のつくばは、日本を代表する研究学園都市です。筑波大学や宇宙航空研究開発機構(JAXA:ジャクサ)をはじめ、市内には150もの研究教育機関が集中しており、約2万人の研究者たちが世界最先端の科学技術研究を行っています。

研究機関の中には常設展示場を持つところや、事前予約で見学可能な施設も多く、知的好奇心を満足させ、子どもから大人まで科学へのあこがれを抱くきっかけづくりに役立っています。

つくばへは、2005年に開通したつくばエクスプレスを使って秋葉原から約45分でアクセスできます。また、高速バスなら東京からの所要時間は約1時間~1時間20分です。都内から日帰りで世界的な研究拠点を楽しめるのもつくばの魅力です。

サイエンスツアーバスの利用方法

つくばサイエンスツアーバスは、つくばセンター(つくば駅)バスターミナルを発着場所として、市内の6つの研究施設を巡る循環バスです。北回りは、地図と測量の科学館、筑波実験植物園の2施設、南回りは、つくばエキスポセンター、サイエンス・スクエア つくば、地質標本館、筑波宇宙センターの4施設を回ります。

運行日

年末年始を除く土・日・祝日
(夏休み期間中は月曜を除く毎日)

料金

大人500円
子ども(小学生)250円
幼児(保護者同伴)無料
※当日購入で1日乗り降り自由

発着場所

つくばセンター(つくば駅)バスターミナル8番乗り場

乗車券購入場所

関東鉄道株式会社 つくば学園サービスセンター(BiViつくば1F)
※利用当日8時から購入可能

スタッフガイド同行コース

前日までに予約すれば乗車券のみで参加できる、土曜限定のガイドツアーがおすすめです。1日コースなら、案内を受けながらつくばエキスポセンター以外の5つの施設が効率よく回れます。

>>(次ページ)バスで巡る6つの見学施設をご紹介
1 2
Page 1 of 2
PREV ハレウッドの新作!「となりの岡山田くん」は努力!友情!岡山!
NEXT 大大阪(だいおおさか)時代から続く底力!大阪にある日本一を探そう!

詳しく見る