経済
2019/01/09

「ガリガリ君」は埼玉で作られていた!赤城乳業の製造現場をウォッチ

(写真=赤城乳業より)
(写真=赤城乳業より)
子どもから大人まで多くの人に愛されている赤城乳業のアイス「ガリガリ君」。実は埼玉にある工場で製造されています。毎年新しい味を追加し、そのたびに話題になるガリガリ君の工場を見学しに行ってみませんか?年中おいしい、ガリガリ君の秘密が分かるかもしれません。

赤城乳業が展開する多彩な商品ラインアップ

赤城乳業では、ガリガリ君以外にも数多くのアイスが作られています。

・不二家などとのコラボレーション商品
赤城乳業では不二家とコラボレーションして、ホームパイを使用したミルフィーユ風アイスやミルキーアイスバーなども発売しています。また、山梨のお土産でおなじみの桔梗信玄餅を使った桔梗信玄餅アイスバーもコラボレーション商品の一つです。きなこ味のアイスの中に、もち菓子と黒蜜ソース、きなこを詰め込み、信玄餅のおいしさをそのままアイスにしたような味に仕上げています。

・楽しさやおいしさ、さらに高級感も追求
ミルクレアシリーズは、濃厚ミルクともっちりとした食感が特徴のアイスバーです。癒しともっちり感を赤ちゃんのベビーフェイスになぞらえてブランディング活動を展開し人気を集めています。チョコレート味ではエクアドル産のチョコレートを使用しています。その他、ビター&ミルクキャラメル、宇治抹茶、ストロベリーなど種類も豊富です。ソフトクリームの上だけを楽しめるSof'(ソフ)は、北海道産の生クリームのフレッシュかつ濃い味わいが特徴です。ポテトチップスでディップしたり、コーヒーをかけたりと、いろいろな食べ方が楽しめます。

もう一つ、注目したいのがイーベルアイスデザートシリーズです。ベルギー産のクーベルチュールチョコレートを使ったぜいたく仕様。フランス語でイーベル(Hiver)は冬を意味し、まさに寒い時期にぴったりのプレミアムアイスです。

ガリガリ君を試食できる工場見学に行こう!

(写真=赤城乳業より)
(写真=赤城乳業より)

ガリガリ君をはじめとして多くの魅力的なアイスを作っている赤城乳業、その工場見学に行ってみましょう。見学できるのは、「本庄千本さくら『5S』工場」(埼玉県本庄市)です。

最初に、インターネットまたは往復はがきを使って工場見学の応募を行います。予約ではなく応募なのは、工場見学希望者が多く、抽選になってしまうためです。工場見学の時期が、応募から2~3ヵ月後になる点にも注意しましょう。

特にイベント日は申し込みが殺到する可能性があります。3月は1日にはひな祭り、14日にはホワイトデー、27日には桜の日のイベントが、それぞれ予定されています。とにかく一度工場見学してみたいという人は、イベント日を避けて申し込んだほうがいいでしょう。

・ガリガリ君のすべてが分かる見応え十分の工場見学
工場の中では、アイスの製造現場を見られるだけでなく、赤城乳業の歴史や当たり棒に使う歴代の焼き印、歴代パッケージが展示されています。ガリガリ君が作られる工程や原材料の説明パネル、説明用モニターなども設置されており、見ごたえは抜群です。ガリガリ君で装飾された見学ブースは、子どもたちにも喜ばれそうです。

工場見学後には、ガリガリ君広場でのアイスの無料試食が待っています。お土産やグッズの購入もできるので、たっぷり時間をかけてのんびりと工場内を楽しみましょう。

>>(次ページ)「あそびましょ。AKAGI」
1 2
Page 1 of 2
PREV なぜ富山の薬売りは全国にその名をとどろかせたのか
NEXT 北陸新幹線でレトロな街にトリップ!新ホテルの開業記念で宿泊もお得

詳しく見る