経済
2018/12/13

冬の京都を伝統行事で過ごしませんか?年末年始の京のお祭り

京都で雪景色を楽しめる厳選の神社仏閣3つ

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

数年に一度、京都は市街地でも雪が積もり、名所が雪化粧します。ここからはインスタ映えする雪景色が期待できる神社仏閣をご紹介しましょう。

・金閣寺(鹿苑寺)
正式には鹿苑寺といい、室町幕府の三代将軍、足利義満が建てた寺として有名です。京都を代表する観光名所の一つで、庭木に覆われてそびえる黄金色の舎利殿「金閣」が雪化粧されて池の水面に映し出された姿は、いっそう美しく見えることでしょう。

節分の日に行われる不動堂開扉法要では、秘仏の石不動明王(伝弘法大師作)を参拝できます。

・清水寺
清水の舞台から飛び降りる、ということわざで知られている寺です。雪の日に、清水の舞台を抜けて音羽の滝あたりから京都を一望すれば、一面の銀世界が待っています。周辺には二年坂、三年坂といった土産物屋が建ち並び、観光客や修学旅行生でにぎわいます。

毎年12月に、清水寺の貫主が今年の漢字を毛筆で書くイベントや大晦日の除夜の鐘でもよく知られており、3月には春の夜間特別拝観が実施され、ライトアップされた清水寺が美しく浮かび上がります。

・貴船神社
京都駅から電車やバスで約1時間。京都市北部の山間にある、水の神様を祀る神社です。深い谷に閉ざされた地にあるため、毎年冬には雪に覆われて銀世界に変わります。鳥居や灯籠の朱色と雪の白の対比が眼にまぶしく印象的です。

1月7日に行われる若菜神事では、ご神水に浸した春の七草で作った七草粥をいただき、一年の無病息災を祈ります。

ぜひ冬の京都を味わいに、お出かけしてみよう

冬の京都は神社仏閣での伝統行事が続き、タイミングが合えば雪景色も堪能することができます。京都人が昔から受け継いできたお祭りに参加したり、雪化粧の名所を訪ねたりと楽しみは広がります。ぜひ味わい深い冬の京都を訪れてみてはいかがでしょうか。


このコラムは2018年11月時点の情報をもとに制作したものであり、現時点において最新の情報ではない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
1 2
Page 2 of 2
PREV 北陸新幹線でレトロな街にトリップ!新ホテルの開業記念で宿泊もお得
NEXT 6年連続日本一!日本酒王国・福島県が酒どころになったわけ

詳しく見る