経済
2018/06/28

離島に滞在して魅力発見!観光・交流促進「島あっちぃ」事業とは

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
ユニークな魅力を持つ離島を多く有する沖縄。県民と離島とを結び付けるため、そして離島の観光産業を活性化させるために発足したツアー事業、「島あっちぃ」が今注目されています。条件を満たすことでツアー費用のうち7割が助成されるという、旅行好きの方にとってはお得感満載の事業です。離島の魅力が発見できるという島あっちぃは、どのような事業なのでしょうか。

島あっちぃの狙いとは

島あっちぃは、沖縄本島の住民と離島に住む人々との交流促進を目的として開始されました。これには、本島民と島とのこれまでの関わりが関係しているといいます。そもそも、沖縄県民は旅行先を選択する際に島を選ぶことが少ないため、離島の住民や自然に直接触れ合う機会はさほど多くありません。そこで沖縄では、県民対象の事業として島あっちぃをスタートしたのです。

島民との交流や歴史文化との触れ合いを通じて、同じ沖縄県民でもそれまで知らなかった離島の魅力を発見し、知識や理解を深めてもらえるよう、各種ツアープログラムの作成を行っています。また、プログラム参加者による魅力の発信も島あっちぃが考える狙いのひとつだそうです。

島あっちぃの目的には、離島における観光事業の発展も含まれています。参加者から回答を得たアンケートや改善点の考察結果などをもとに、より質の高いプログラム案を計画し、ツアーの充実を図っています。また、観光客の受け入れ体制のさらなる強化などにつなげたいとの考えもあるようです。

沖縄県民ならだれでも参加可能

沖縄県民に向けた事業であるため、島あっちぃに参加できるのは沖縄県在住者のみとなっています。以前は沖縄本島に住む県民だけを参加対象者としていましたが、2018年の募集から離島で暮らす住民も島あっちぃに参加できるようになりました。参加に年齢制限はありませんが、18歳未満の場合は保護者同伴が必須です。費用の3割負担でツアーが楽しめる年齢は6歳以上で、5歳以下の未就学児は助成の対象にはなりません。誓約書と参加決定後の住所確認用書類の提出も参加条件に含まれます。

島あっちぃによるツアーは抽選制で、参加人数は2017年が3,000名、2018年は3,200名です。島あっちぃに参加するためには、FAXや郵送による応募用紙の送付、もしくは公式サイトからのエントリーが必要で、締め切り10日後に電話かメールで当落の連絡があります。

>>(次ページ)これまで開催されたさまざまな体験プラン
1 2
Page 1 of 2
PREV 雪国の山形でレモンが採れる!?廃熱利用の果実栽培
NEXT 歩いて走って健康的に!アグレッシブ過ぎる別府温泉めぐり

公式Twitterアカウント