経済
2018/04/27

第2の人生を楽しむ!「おによめ」たちが挑んだジャムづくり

(写真=PJ 5156/Shutterstock.com)
(写真=PJ 5156/Shutterstock.com)
育児や家事、時には介護に追われ、世の中の主婦は休む暇がありません。自分がやりたいことをする時間も取れず、ただただ慌ただしい日々を過ごしている人も多いのではないでしょうか。

「自分が自分らしく輝ける場所をつくりたい」。そんな思いを持った6人の女性が集まり2013年に生まれたのが、農産物の加工製造・販売を行う団体「おによめ.com」です。果物や野菜の加工品を販売する彼女たちの今までと、これからの展望を紹介します。

はじまりは「廃棄予定の果物」だった

山形県東根市にある観光農園「北村果樹園」では、主に贈答用のサクランボやラ・フランス、リンゴを栽培しています。しかし栽培したものすべてが販売できるとは限らず、毎年、規格外の果物が大量に出てしまいます。

夫とともに北村果樹園を経営する北村陽子さんは、「規格外の果物をそのまま廃棄するのはもったいない」という思いを長年抱いていました。

そんなとき、北村さんは県が行う「農林水産業創意工夫プロジェクト支援事業」の存在を知ります。そこで思いついたのが、規格外の野菜や果物を加工・販売する女性団体の立ち上げでした。

もともと北村果樹園の仕事を手伝いに来ていた友人が「おいしい」と評判のジャムをつくっていたこと、そのジャムを販売してほしいという声が周囲から上がっていたことも事業立ち上げの後押しとなりました。

「おによめ」たちの得意を集め事業化

しかし、農産品を加工・販売するための作業を1人ですべて行うことはできません。そこで北村さんは友人や近隣の女性たちに声をかけ、それに応えてくれた5人の女性とともに、加工団体「おによめ.com」を設立しました。

このユニークな団体名称は、当時、北村さんが運営していたブログ「鬼嫁日記」にちなんでいます。加工場は北村さんが以前居住していた住宅を利用し、加工場として整備する資金は県の補助金と自己資金、借入金でまかないました。

おによめ.comでは、営業・販売・雑務を北村さんが行い、その他の作業は北村さん以外の5人で分業しています。漬物名人が漬物をつくり、ジャムは料理教室を営むメンバーが行っています。さらに漬物用の山菜はメンバーが山から調達するというこだわりです。

それぞれの特技を持ち寄りはじめた事業は順調に利益を上げ、現在ではジャムや漬物だけではなく、焼き肉のタレやドレッシングも販売しています。

>>(次ページ)年数とともに見えてきた課題
1 2
Page 1 of 2
PREV 建造物ファンにおすすめ!全国にある美しい洋館6選
NEXT 夢のような光景が広がる!山形の「加茂水族館」へ話題のクラゲを見に行こう