経済
2017/11/13

数ヵ月待ちの超人気店に即日予約!ドタキャン対策サービスの実力は?

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
レストランや居酒屋のインターネット予約が広まり、大変便利になりました。グルメサイトはもちろん、お店の公式HPやSNSからスマートフォンで予約して、あとは当日お店に行くだけです。しかし、予約が手軽にできることになったこともあるのか、飲食業界では予約のドタキャンや無連絡キャンセルが急増しています。

飲食店の予約キャンセルが社会問題に


インターネット予約は、電話予約のように営業時間を気にすることもありません。空席が表示され、スムーズに予約できるサイトもあります。しかし、予約キャンセルが老舗や有名店にも広がり、深刻な社会問題となっています。一説によると、業界全体の推定損失額はなんと約750億~2,000億円に達すると見込まれています。

店側としては直前で予約が消えてしまうと、予約人数に合わせて用意した材料や人件費、利益などがなくなるため大変な損失です。

悪質なマナー違反の予約キャンセルに対応するため、飲食業界でも対策は行っています。たとえば、キャンセル料を設定して支払いを徹底したり、複数の飲食店で悪質な予約キャンセルを繰り返す客をブラックリストにして共有して被害を防いだりなどです。ただ、いずれも決定的な解決策にはいたっていません。

>>(次ページ)有名店の空席が手に入る「ごひいき予約」スタート
1 2
Page 1 of 2
PREV 都心から行ける自然体験!奥多摩の森林セラピーと星空浴がスゴイ
NEXT 「コスメティック構想」でグローバルに広がる唐津ブランド

詳しく見る