経済
2017/10/30

今話題のネット市長!?千葉市・熊谷市長のTwitter活用術

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
2017年5月の千葉市長選で3期目の当選を果たした熊谷俊人氏。熊谷氏は、2009年に千葉市長選に立候補して当選しました。31歳の市長は当時全国最年少記録です。

従来の政治家のイメージを覆す斬新な改革を積極的に行い、市債残高600億円以上を削減したり、大規模なイベントを千葉市に誘致したりと市長として大きな成果を挙げています。メディア運用に長けた熊谷市長によるTwitterを利用した情報発信は、行政だけでなくマーケティングの観点からも注目されているのです。

今回は、Twitterを市政に活用する千葉市・熊谷市長の取り組みを紹介します。

SNSを利用した政治家の情報発信

アメリカのトランプ大統領をはじめ安部首相など、政治家の多くは自分の考えを大多数に直接発信できるTwitter等のSNSを積極的に利用しています。

テレビや新聞でインタビューを受けた時に自分の意図しない切り取り方で報道をされ、思ってもいないような切り口で批判を受けることがあります。そのような誤解を防ぐためにも、自分の意見を直接発信できる媒体を持つことが必要になってきます。

自分の意見を直接配信できる媒体として、すぐに思い浮かべるのはやはりSNSでしょう。日本で約4,000万人の利用者数がいるというTwitterは、数あるSNSのなかでも強力なメディアの一つです。

千葉市の熊谷市長は、Facebookやブログ等も使って情報発信をしていますが、特にTwitterに力を入れています。では、そのTwitterをどのように活用しているのでしょうか。

市民が気軽に市長とつながるためにTwitter上での交流会を開く

熊谷市長がTwitterを活用している理由は、従来のやり方では拾い上げることができなかった千葉市民の意見を聞くためです。

一方的に自分の考えや政策を伝えるだけでは、Twitterの機能を十分に生かしているとはいえません。Twitterの優れた機能の一つとして、影響力がある著名人に向けて一般人が直接メッセージを送ることができる点が挙げられます。

熊谷市長は、Twitterの機能を生かして千葉市民の声を直接聞くために、Twitter上での交流会を開くことを考えました。つまり市民の声が市長のところに直接届くことになるのです。

今までの行政の対応では、一市民の考えを市長に伝えようとするまでには、署名を大量に集めたり、各所を回ってアポイントを取り付けたりする必要があり、非常に労力がかかりました。対して、熊谷市長が開くTwitter交流会「#kuma2017」では、Twitter上にコメントをアップするだけで、市長に対して自身の考えを伝えることができるのです。熊谷市長のTwitter交流会は、市民がより気軽に市政に参加しやすい仕組みを作った、画期的な取り組みといえます。このように市民の声が行政に届きやすくなったことで、市民の市政への参加意識も以前とは比べ物にならないくらい高くなっているでしょう。

<PR>京葉銀行でANAマイルを貯めよう|口座開設で300マイルプレゼント

>>(次ページ)色々な意見に耳を傾け、批判を恐れず発信を続ける

1 2
Page 1 of 2
PREV 本当にあった300円新幹線!「博多南線」が地域にもたらしたもの
NEXT あの有名メーカーもここで誕生!筑後でものづくりが根付いた理由

関連記事