あの有名メーカーもここで誕生!筑後でものづくりが根付いた理由

2017/10/27 経済

久留米市や大牟田市などを含む福岡県南部の筑後地方では、工芸や製造業など、ものづくりが盛んに行われてきました。120年以上の歴史を持つ「アサヒシューズ」や、明治時代に「つちやたび店」として誕生した「ムーンスター」、そしてタイヤの世界市場シェアでトップを獲得している「ブリヂストン」が誕生したのも筑後です。加えて、東芝の創業者・田中久重の生まれたべっこう細工師の家があった場所も、筑後の久留米市です...

もっと読む »

国家戦略特区&環境未来都市「北九州市」に起業家たちが熱視線!

2017/10/24 経済

北九州市は2011年に九州で唯一の「環境未来都市」に、2016年には「国家戦略特区」に指定され、同市が抱える高齢化をはじめとした多くの問題を解決するための取り組みを行っています。特に力を注いでいるのが、2013年に策定した「北九州市新成長戦略」の一環として開始された、ベンチャー企業の支援活動です。以前から「ものづくり」が盛んであった北九州市は、市だけではなく民間企業なども連携しながら多くの起...

もっと読む »

千葉県舞浜に登場!「変なホテル」がすごい

2017/10/19 経済

2017年3月15日、千葉県浦安市の舞浜エリアに「変なホテル 舞浜 東京ベイ」がオープンしました。H.I.S.ホテルホールディングスによる「スマートホテルプロジェクト」の一環として開業した同ホテルは、ローコストと快適性の両立を目指し、さまざまな最新技術を導入していることで国内外から注目を集めています。「世界初のロボットが働くホテル」としてギネスにも認定された、「変なホテル」の魅力はどのようなとこ...

もっと読む »

立ち呑みで異文化交流!福岡流インバウンド事業が冴える

2017/10/17 経済

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、インバウンド(訪日外国人旅行)事業がさらに盛り上がっています。九州の玄関口として古くから多くの人が集まり、さらにはアジアの玄関口としても発展し続ける福岡においても例外ではありません。福岡を訪れる外国人観光客が急増法務省出入国管理統計によると、福岡空港・博多港における外国人入国者は2014年に約120万人、翌2015年には前年比73.1%増...

もっと読む »

世界に羽ばたけ!愛媛が養殖マグロで初の「ハラール認証」を取得

2017/09/29 経済

愛媛は、全国的に見ても魚類養殖が盛んな地域です。宇和海に面した南予には養殖業者が集中しており、県外や海外へも出荷されています。とくに生産量全国1位のマダイやハマチといった高級魚の養殖は、力を入れている分野です。2016年、愛媛の水産加工会社が養殖クロマグロとスマで初となる「ハラール認証」を取得しました。イスラム教の戒律に則った食生活のために重要なハラール認証によって、愛媛の養殖業界はどう変わ...

もっと読む »

現在の静岡市中心街を作った家康公から学ぶ町づくりと経済

2017/09/29 経済

徳川家康というと、生まれ故郷の名古屋や、日本の中心として発展した江戸城のイメージがありますが、静岡市は家康が人生の1/3を過ごした町です。人質となって過ごした幼い頃だけでなく、隠居してからその生涯を終えた場所も静岡市でした。家康は、現在の静岡市の基礎を築いたと言われています。今回は、家康の町づくりと経済に触れてみましょう。江戸時代の大都市、駿府「駿府九十六ヶ町」は、徳川家康がその基礎を築いた...

もっと読む »

昆虫が魚の餌になる!漁業の未来を変えるベンチャーの挑戦

2017/09/29 経済

2012年、愛媛大学から生まれたベンチャー「株式会社愛南リベラシオ」(井戸篤史社長)をご存じでしょうか。日本の食卓に欠かせない魚が、人口増加や乱獲、海洋環境の悪化にともない激減していく中で、この先も水産資源を確保していくためには、新たな試みが必要です。日本では以前より海面養殖で水産資源を守ってきましたが、現在主流となっている養殖はいくつかの問題点を抱えています。特に、マダイを中心とした海面養...

もっと読む »